医師が実践する統合医療 – がん治療ならNPO法人日本統合医療推奨協会
NPO法人(特定非営利活動法人)日本統合医療推奨協会
資料請求
お電話でのご相談は

0120-258-050

副作用、抗がん剤への耐性化を防ぐために医師が実践する「がん統合医療」

副作用、抗がん剤への耐性化を防ぐために医師が実践する「がん統合医療」

病気や治療について理解できていますか?

「主治医から言われた通りの治療を受け、治療が出来ないと言われてしまったから諦める。
大切な命は、そう簡単に諦めてはいけません。

世界中でがん治療の研究が行われ、日々進化し続けています。
ステージ4や再発であっても、治せる時代に近づいてきているのです。
治すためには諦めないこと、そして正しい情報を身に付けることが大切です。

現代は、インターネットや雑誌などで情報が溢れかえっています。
しかし、その中から正しい情報を選ばなければなりません。
簡単ではないかもしれませんが、それが未来を大きく左右するのです。

低分子化フコイダン療法

病気や治療について理解できていますか?

「主治医から言われた通りの治療を受け、治療が出来ないと言われてしまったから諦める。
大切な命は、そう簡単に諦めてはいけません。

世界中でがん治療の研究が行われ、日々進化し続けています。
ステージ4や再発であっても、治せる時代に近づいてきているのです。
治すためには諦めないこと、そして正しい情報を身に付けることが大切です。

現代は、インターネットや雑誌などで情報が溢れかえっています。しかし、その中から正しい情報を選ばなければなりません。
簡単ではないかもしれませんが、それが未来を大きく左右するのです。

低分子化フコイダン療法

医療機関による臨床が行われ、驚くべき症例が多数報告されています。 長年臨床を行っている医師からも驚くべき症例が多数報告されております。

  • 抗がん剤と低分子化フコイダン併用により副作用が軽減された 抗がん剤と低分子化フコイダン併用により副作用が軽減された
  • 1~3ヵ月で改善傾向が見られ、手術不可能から手術可能に好転した 1~3ヵ月で改善傾向が見られ、手術不可能から手術可能に好転した
  • 治療の手立てがないと言われていた患者さんのQOL(生活の質)が大幅に改善した 治療の手立てがないと言われていた患者さんのQOL(生活の質)が大幅に改善した
新たな治療を確立するために、医師たちの奮闘はまだまだ続きます。 数々の奇跡に、ブレーキをかけてはいけません。

低分子化フコイダン療法を実践する医師 低分子化フコイダン療法を実践する医師

臨床医吉田年宏先生 お問い合わせ・資料請求はこちら
吉田医院 院長
医学博士 吉田年宏先生

抗がん剤治療では、副作用やQOL(生活の質)の低下が大きな課題となっています。がん統合医療で低分子化フコイダンを取り入れることによって、これらの課題を克服し、負担の少ないがん治療が実現します

~治る確率の高いがん治療を目指して~

がん患者さんは病気だけでなく、様々な不安や恐怖とも闘っています。
しかし、治療がスムーズに進むことで、大きな希望や喜びを得られます。

西洋医学の治療は決して毒ではありません。
効果をしっかり出すことができれば、がんは縮小し、副作用どころか身体が楽になります。

その可能性を拡げるためにも、低分子化フコイダンが必要なのです。

略歴
近畿大学医学部を卒業後、近畿大学医学部第一外科に入局。
外科医として第一線でがん治療にあたる。手術前後の抗がん剤も多数経験。
現在は、大阪市内に吉田医院を開業。
所属学会
  • 日本医師会A会員
  • 日本外科学会認定医
  • 日本癌学会会員
低分子化フコイダン療法の臨床医 吉田年宏先生
臨床医吉田年宏先生

治る確率の高い
がん治療を目指して

吉田医院 院長
医学博士 吉田年宏先生

がん患者さんは病気だけでなく、様々な不安や恐怖とも闘っています。しかし、治療がスムーズに進むことで、大きな希望や喜びを得られます。

西洋医学の治療は決して毒ではありません。
効果をしっかり出すことができれば、がんは縮小し、副作用どころか身体が楽になります。

その可能性を拡げるためにも、低分子化フコイダンが必要なのです。

略歴
近畿大学医学部を卒業後、近畿大学医学部第一外科に入局。
外科医として第一線でがん治療にあたる。手術前後の抗がん剤も多数経験。
現在は、大阪市内に吉田医院を開業。
所属学会
  • 日本医師会A会員
  • 日本外科学会認定医
  • 日本癌学会会員
資料請求をする

吉田年宏先生とのご相談について

現在の患者さんの状況を踏まえた上で、低分子化フコイダンの活用方法をアドバイスいただけます。詳しくは、NPO法人日本統合医療推奨協会までお気軽にお問い合わせください。

吉田年宏先生とのご相談について

現在の患者さんの状況を踏まえた上で、低分子化フコイダンの活用方法をアドバイスいただけます。
詳しくは、NPO法人日本統合医療推奨協会までお気軽にお問い合わせください。

低分子化フコイダンの効果 低分子化フコイダンの効果

九州大学でがん治療との併用による基礎研究が行われ、その成果が多くの学会などで発表されてきました。

  1. 『ナタマメ抽出物添加LMFの癌細胞増殖抑制効果』 『ナタマメ抽出物添加LMFの癌細胞増殖抑制効果』

    『ナタマメ抽出物添加LMFの癌細胞増殖抑制効果』論文

    九州大学大学院 農学研究院 生命機能科学部門
    システム生物工学講座 細胞制御工学分野
    照屋輝一郎、白畑實隆

  2. 『進行がん患者のQOL(生活の質)に及ぼすフコイダンの抗炎症効果に関する探索的研究』 『進行がん患者のQOL(生活の質)に及ぼすフコイダンの抗炎症効果に関する探索的研究』

    『進行がん患者のQOL(生活の質)に及ぼすフコイダンの抗炎症効果に関する探索的研究』論文

    高橋秀徳、川口光彦、喜多村邦弘、成宮靖二、河村宗典、天願勇、西本真司
    花牟禮康生、真島康雄、螺良修一、照屋輝一郎、白畑實隆
    参考URL:http://lmf-assoc.jp/paper/rinsyo.html(LMF研究会)

  3. 『酵素消化低分化フコイダン抽出物と抗がん剤の併用における抗腫瘍作用増強効果』 『酵素消化低分化フコイダン抽出物と抗がん剤の併用における抗腫瘍作用増強効果』

    『酵素消化低分化フコイダン抽出物と抗がん剤の併用における抗腫瘍作用増強効果』論文

    白畑實隆1、 吉田年宏2、 照屋輝一郎1
    (1九大院・生命機能科学、 2吉田医院)

がん治療の軌跡 がん治療の軌跡

吉田先生に相談しながら、不安のない治療を受けられました。 吉田先生に相談しながら、不安のない治療を受けられました。

膵臓がん ステージ3 松井洋一様 松井洋一様 杉下佳代様 65歳 胸腺がん

発覚時点で手術ができず、抗がん剤治療から始まりました。主治医からは「効果が出る可能性は低く、副作用は覚悟しておいてください。」と厳しい言葉をかけられました。

治る可能性が低いのであれば、副作用を我慢してまで治療を受ける必要はあるのだろうか…。と不安になっていました。そんな時に、統合医療推奨協会さんの資料を請求し、吉田先生とご相談させていただく事になりました。

「治療は受けた方が良い。効果が出れば、手術まで持ちこむ事ができるのだから。主治医の先生もそう思っていても、立場上は厳しい言葉を言わなければいけないからね。」というお話しをして下さいました。治療が始まり大きな副作用もなく、劇的に腫瘍が縮小しました!今は無事手術を終え、再発予防のための抗がん剤治療中です。

吉田先生とフコイダンに出会えて、本当に良かったです。

※効果は人によって違います。すべての方に同様の効果が認めるとは限りません。
※個人情報保護のため、仮名となります。画像はイメージです。

大切なカラダのことだから、医師・専門家に相談できるものを 大切なカラダのことだから、医師・専門家に相談できるものを

がん統合医療や代替医療において、多くのサプリメントや漢方薬が出ております。しかし、基礎研究や臨床研究がされていないものが大半であり、安易に取り入れてしまうと治療に悪影響を及ぼしてしまいます。
がん治療中は免疫力や肝臓、腎臓などの機能も低下する傾向にあります。

だからこそ研究に基づき、医師や専門家に相談できるものを選ばなければなりません。 低分子化フコイダン療法は、天然成分“フコイダン”を使用した、リスクの低い療法です。現在まで、低分子化フコイダンでの副作用やアレルギーの報告はありませんが、海藻アレルギーをお持ちの方などは、医師にご相談下さい。取り入れる際の注意点につきましては、こちらのページをご確認下さい。

お問い合わせ・資料請求はこちら お問い合わせ・資料請求はこちら

抗がん剤治療では、副作用やQOL(生活の質)の低下が大きな課題となっています。がん統合医療で低分子化フコイダンを取り入れることによって、これらの課題を克服し、負担の少ないがん治療が実現します

抗がん剤治療では、副作用やQOL(生活の質)の低下が大きな課題となっています。がん統合医療で低分子化フコイダンを取り入れることによって、これらの課題を克服し、負担の少ないがん治療が実現します
0120258050

時間外・お電話が繋がらない場合は、info@togoiryou.comにてお問い合わせ下さい。


資料請求はこちら
お問い合わせ
電話でのご相談はお気軽に!通話料無料 電話する 資料請求をする
資料請求