国循など、心臓ホルモンによるがん転移予防効果の仕組みを解明

国循など、心臓ホルモンによるがん転移予防効果の仕組みを解明

心臓から分泌されるホルモンである心房性ナトリウム利用ペプチド(ANP)が、血管を保護することでさまざまな種類のがんの転移を予防・抑制できることを確認し、その仕組を解明。今回の研究成果により、国立循環器病研究センター主導の肺がん手術を対象とした全国規模での多施設臨床研究を開始する予定。

国循など、心臓ホルモンによるがん転移予防効果の仕組みを解明

がん治療・統合医療に関するご相談

お電話が繋がらない場合は、氏名・ご連絡先・お問い合わせ内容をご入力の上info@togoiryou.comまでメール送信下さい。

 資料もご用意しております。

フコイダン療法についての無料レポートをご用意しております。お電話または資料請求フォームよりご請求下さい。

がん治療・統合医療に関するご相談

お電話が繋がらない場合は、氏名・ご連絡先・お問い合わせ内容をご入力の上info@togoiryou.comまでメール送信下さい。

 資料もご用意しております。

フコイダン療法についての無料レポートをご用意しております。お電話または資料請求フォームよりご請求下さい。