慶大・九大など、薬の新たな効果探る「DR」で相次ぎ研究成果-がん治療への転用期待

慶大・九大など、薬の新たな効果探る「DR」で相次ぎ研究成果-がん治療への転用期待

すでにある薬から別の疾患の薬効を探す研究成果。 慶大などは高コレステロール血症の治療薬「スタチン」が卵巣がんの発生や進行を抑えることを特定。九大は、肝炎治療薬にがん転移を抑える効果があることを示した。

薬の新たな効果探る「DR」で相次ぎ研究成果

がん治療・統合医療に関するご相談

お電話が繋がらない場合は、氏名・ご連絡先・お問い合わせ内容をご入力の上info@togoiryou.comまでメール送信下さい。

 資料もご用意しております。

フコイダン療法についての無料レポートをご用意しております。お電話または資料請求フォームよりご請求下さい。

がん治療・統合医療に関するご相談

お電話が繋がらない場合は、氏名・ご連絡先・お問い合わせ内容をご入力の上info@togoiryou.comまでメール送信下さい。

 資料もご用意しております。

フコイダン療法についての無料レポートをご用意しております。お電話または資料請求フォームよりご請求下さい。