抗VEGFR2抗体ramucirumabの単剤投与が進行胃・胃食道接合部腺癌の2次治療として米国で承認

抗VEGFR2抗体ramucirumabの単剤投与が進行胃・胃食道接合部腺癌の2次治療として米国で承認

がんセンターが進めるのは「スクラムジャパン」と呼ぶプロジェクト。13年から肺がん、14年から大腸がんの患者を対象に、遺伝子の診断を始めていた。診断では米医療機器メーカーが開発し、米国立がんセンターが採用した新しい検査薬を使う。1回の診断で140個以上の遺伝子変異が分かり、検査の効率化が進む。国内では承認されていないため、今回のプロジェクトを通じてデータを蓄積。20年をめどに承認につなげたい考えだ。がんセンター早期・探索臨床研究センターの大津敦センター長は「今後すべてのがんに枠組みを広げ、通常の診断で結果が生かせるようにしたい」としている。

胃食道接合部腺癌の2次治療として米国で承認

がん治療・統合医療に関するご相談

お電話が繋がらない場合は、氏名・ご連絡先・お問い合わせ内容をご入力の上info@togoiryou.comまでメール送信下さい。

資料もご用意しております。

フコイダン療法についての無料レポートをご用意しております。お電話または資料請求フォームよりご請求下さい。

がん治療・統合医療に関するご相談

お電話が繋がらない場合は、氏名・ご連絡先・お問い合わせ内容をご入力の上info@togoiryou.comまでメール送信下さい。

資料もご用意しております。

フコイダン療法についての無料レポートをご用意しております。お電話または資料請求フォームよりご請求下さい。