抗がん剤の薬剤耐性とは

がんと統合医療理論上、100%効果があるはずの抗がん剤が効かない最大の理由は、がん細胞が増殖するにしたがって遺伝子の蓄積が起こってくるためだと考えられます。特定の抗がん剤の攻撃を受けたがん細胞は自己防衛本能によって進化します。その進化した遺伝子が抗がん剤を覚え、耐性を獲得して、それまで効いていた抗がん剤が効かなくなります。その結果、副作用が強くなってしまい、体力や免疫力が低下して治療継続が困難になってしまいます。

こうした薬剤耐性の克服は長年の大きな課題となっていますが、現地点で薬剤耐性を抑制できる薬はまだありません。

そんな中、医療現場で近年注目されているのがフコイダン療法です。フコイダン療法は九州大学大学院の白畑教授と吉田年宏院長が共同でがん細胞の安定化を研究し、吉田院長が臨床研究を進めている酵素消化低分子化フコイダンと抗がん剤治療との併用療法です。

長年の臨床研究で、腫瘍マーカー値の減少、QOLの向上、腫瘍の縮小や消失など現代医学では説明することのできない多くの症例が確認されています。また、九州大学の研究でも抗がん剤単剤より3倍以上の細胞死が確認されました。こうした現象はがん細胞が抗がん剤を嫌がらずに取り込んだ結果で、がん細胞が酵素消化低分子化フコイダンによって安定化し、抗がん剤の耐性化を抑制している効果と考えられています。

この研究結果は、第62回日本癌学会学術総会、第71回日本癌学会学術総会、第74回日本癌学会学術総会で発表されました。

フコイダン療法について
資料請求

お問い合わせ先

NPO法人日本統合医療推奨協会では、フコイダン療法やがん統合医療についての無料相談窓口を設置しております。臨床に基づいた飲用方法、がん治療についてのお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。

お電話が繋がらない場合は、氏名・ご連絡先・お問い合わせ内容をご入力の上info@togoiryou.comまでメール送信下さい。

資料もご用意しております。

フコイダン療法についての無料レポートをご用意しております。お電話または資料請求フォームよりご請求下さい。