統合医療で最善のがん治療を

九州大学白畑教授現在、「がん」という難治病に多くの患者様や医師が立ち向かっています。また、新たな治療の確立を目指し世界中で日夜、研究・臨床が進められています。海藻由来成分であるフコイダンもその1つです。当会では、九州大学 白畑實隆教授の研究する低分子化フコイダと、西洋医学のがん治療を併せた統合医療(フコイダン療法)がこれからのがん治療の可能性を拡げると考えております。フコイダン療法という言葉は、近年広く周知されてきました。

それと共にメディア等では、正しい情報だけでなく間違った情報までもが入り乱れています。事実と異なる情報を正し、フコイダンを必要とする全ての方が安心できる環境を提供することが私どもの使命だと考え、活動を続けております。