乳がんのホルモン療法、がん組織が耐性持つ仕組み解明-埼玉医科大、小さなRNA減少

乳がんのホルモン療法、がん組織が耐性持つ仕組み解明-埼玉医科大、小さなRNA減少

乳がん治療に有効なホルモン療法に対して乳がん細胞が耐性を持つ仕組み解明。ホルモン治療薬タモキシフェンが効かなくなる乳がん細胞のGOLT1A遺伝子の発現量を減らすとタモキシフェンが再び効くようになり乳がんの増殖を抑制。

乳がんのホルモン療法、がん組織が耐性持つ仕組み解明

がん治療・統合医療に関するご相談

お電話が繋がらない場合は、氏名・ご連絡先・お問い合わせ内容をご入力の上info@togoiryou.comまでメール送信下さい。

資料もご用意しております。

フコイダン療法についての無料レポートをご用意しております。お電話または資料請求フォームよりご請求下さい。

がん治療・統合医療に関するご相談

お電話が繋がらない場合は、氏名・ご連絡先・お問い合わせ内容をご入力の上info@togoiryou.comまでメール送信下さい。

資料もご用意しております。

フコイダン療法についての無料レポートをご用意しております。お電話または資料請求フォームよりご請求下さい。