膵癌患者団体が塩崎厚労相にドラッグラグ解消の要望書を提出

膵癌患者団体が塩崎厚労相にドラッグラグ解消の要望書を提出

米国での膵臓がん治療で標準治療として使用されているのに、日本では膵臓がんに適用のない薬剤が複数あることから膵臓がん患者支援団体が塩崎厚生労働大臣にドラッグラグ解消に関する要望書を提出しました。米国のNCCNガイドラインなどで推奨される膵臓がんの化学療法には①ゲムシタビン+シスプラチン②ゲムシタビン+カペシタビン③ゲムシタビン+ドセタキセル+カペシタビン④カペシタビン+オキサリプラチン⑥ゲムシタビン+オキサリプラチンなど米国では標準治療であるにもかかわらず日本国内ではいずれも未承認です。

膵癌患者団体が塩崎厚労相にドラッグラグ解消の要望書を提出

がん治療・統合医療に関するご相談

お電話が繋がらない場合は、氏名・ご連絡先・お問い合わせ内容をご入力の上info@togoiryou.comまでメール送信下さい。

資料もご用意しております。

フコイダン療法についての無料レポートをご用意しております。お電話または資料請求フォームよりご請求下さい。

がん治療・統合医療に関するご相談

お電話が繋がらない場合は、氏名・ご連絡先・お問い合わせ内容をご入力の上info@togoiryou.comまでメール送信下さい。

資料もご用意しております。

フコイダン療法についての無料レポートをご用意しております。お電話または資料請求フォームよりご請求下さい。