核医学検査って何?

悪性腫瘍の診断に欠かせない検査方法として医療に役立っている核医学検査ですが、「核」という言葉を聞いて不安になる方も少なくありません。核医学検査は、患者さんの病状を正確に把握し、適切な治療方針を立てるためにとても大切な検査です。また、治療後の経過を的確に観察するためにも必要とされています。

 

核医学検査とはどんな検査?

核医学検査は、アイソトープ検査・RI検査とも呼ばれ、特定の臓器や組織に集まる性質を持った放射性の医薬品を患者さんに投与します。投与された放射性医薬品が、目的の臓器に集まるので、そこから放出される放射線を専用のPETカメラ、あるいはガンマカメラを用いて検出し、その分布を画像化し、核医学の専門医によって診断されます。

放射性医薬品は、基本的に静脈から注射で投与されますが、その他にもカプセルを服用するものやガスを吸入する方法などもあります。

核医学検査は、骨・脳・心臓・肺などといった、異常を疑われる部位を対象に行うことができる他、悪性腫瘍の転移を調べるために全身を調べることもできます。

 

悪性腫瘍の検査で耳にする“PET検査”とは?

PET検査とは、陽電子(ポジトロン)と呼ばれる放射線の特殊な性質を利用し、体内でのエネルギーの使い方や血液の流れ等を調べる検査方法です。PET検査では、FDG(フルオロデオキシグルコース)というブドウ糖によく似た物質に放射性のフッ素を付けた薬を使用し、体内での糖分の使われ方を画像化して調べます。悪性腫瘍の多くは、ブドウ糖を大量に使うため、この画像から悪性腫瘍の存在や広がり(転移)に関する情報を得られます。

検査方法

FDG-PET検査の場合、18F-FDGという薬を静脈から注射し、薬が全身に行き渡る約1時間後でPET装置にて撮影します。検査時間は20~40分程度で、CTのような機械を使用して、横になった状態で撮影します。場合によっては、撮影が終わってから約1時間後に2回目の撮影を行うこともあります。

PET検査は、体内でのブドウ糖の分布をみる検査ですので、検査の数時間前から食事や糖分の含まれている飲み物は禁止となります。

 

核医学検査Q&A

Q.1 副作用はありますか?

放射線医薬品による副作用はごくまれです。近年に行われた5年間の調査で、副作用が現れたのは10万人あたりに1.1~2.3人と非常に少ないのが特徴です。

Q.2 放射線の影響が心配です。

検査用の放射性医薬品に含まれるアイソトープの量はわずかであり、放射線影響の点から見ても心配はありません。投与される薬の種類や量は、放射線治療の成績や、広島・長崎の被爆者のデータなどから国際放射線防護委員会の検討に基づいて決められています。

Q.3 子どもができなくなることはありますか?

核医学検査の影響では、子どもができなくなることはありません。妊娠の可能性がある女性は、できる限りこの検査を避ける方が良いとされているので、検査予約の時に必ず主治医に相談してください。

 

 

がん治療・統合医療に関するご相談

お電話が繋がらない場合は、氏名・ご連絡先・お問い合わせ内容をご入力の上info@togoiryou.comまでメール送信下さい。

資料もご用意しております。

フコイダン療法についての無料レポートをご用意しております。お電話または資料請求フォームよりご請求下さい。

がん治療・統合医療に関するご相談

お電話が繋がらない場合は、氏名・ご連絡先・お問い合わせ内容をご入力の上info@togoiryou.comまでメール送信下さい。

資料もご用意しております。

フコイダン療法についての無料レポートをご用意しております。お電話または資料請求フォームよりご請求下さい。