がん治療のメリットとデメリット

癌治療では、手術・化学療法(抗癌剤、ホルモン剤)・放射線といった3種類の治療方法を中心に行われます。

医療技術がすすみ、分子標的治療薬や手術支援ロボットが登場し、癌治療の幅も大きくひろがりました。これらの治療には大きなメリットがある反面、進行具合等によって治療ができない、副作用、合併症など、さまざまな問題点が残されています。

各治療におけるメリットとそれぞれのデメリットについて理解することで、事前に対策を取ることもできます。

 

‟手術のメリットとデメリット”

手術は、病巣を切除できる唯一の治療方法です。固形癌においては進行度している場合であっても、手術可能な場合は積極的にこの治療方法が取り入れられます。手術は、根治に向けての一番の近道であり、完治の可能性が最も高い治療方法です。

手術におけるデメリットは「個数、大きさによっては適応外」であること、「微小転移は治療不可」、「手術により体力が低下する」などが挙げられます。

手術前には、きちんと体調を整えておくだけでなく、治療後の体力低下を見据えて栄養状態を整えておきましょう。身体の免疫力を高い状態にしておくことで、手術後の体力低下を防げるだけでなく、回復にかかる期間も大きく違ってきます。

 

“化学(薬物)療法のメリットとデメリット”

癌の化学(薬物)療法では、抗癌剤治療が主になります。乳癌や前立腺癌といったホルモンと深い関係のある癌に対しては、抗癌剤に加えホルモン剤を使用したホルモン療法が実施されます。

《抗がん剤治療》

抗がん剤治療に関しては、近年遺伝子解析でさらなる進化を遂げています。そのため、遺伝子検査を行い、患者さんにとって効果が高い抗癌剤を選択することも可能になってきました。

抗がん剤投与後は、血液にのって全身を巡り、体内の癌細胞を破壊したり、増殖を抑えてくれます。また、目に見えない微小な癌も攻撃できるので、術後の再発予防としても積極的に取り入れられています。手術不可能な癌に対しても、抗癌剤を行う事で病巣を縮小させ、手術可能になるケースも少なくありません。

抗癌剤治療におけるデメリットとしては、「癌細胞だけでなく正常細胞までも攻撃してしまうので、副作用が出現する」、「癌が薬を覚えて薬剤耐性を持つと効果が無くなる」などが挙げられます。

《ホルモン療法》

ホルモン療法は、乳癌や前立腺癌、子宮癌といったホルモンと関係がある癌で行われます。ホルモンの刺激で病気が進む性質がある癌に対し、ホルモンの分泌や働きを抑えるホルモン剤を投与します。そうする事で、癌の勢いを妨げられます。

ホルモン療法を行うことで、体のバランスを整えるために働いているホルモンを強制的に遮断してしまうため、「更年期障害に似た症状」が出たり、「耐性を持ってしまい、効果がなくなってしまう」というデメリットもあります。

化学療法で副作用が出現した場合、体力・免疫力が大幅に低下してしまいます。また、使える抗癌剤は限られているため、治療にも限界があります。化学(薬物)療法では、同じ薬をどれだけ長い期間、高い効果のままで使えるかが勝負となります。高い効果を得ることができれば、副作用を最小限に抑えることもできます。

 

“放射線のメリットとデメリット”

放射線療法は、癌細胞への攻撃だけでなく、癌による痛みを軽減させる目的にも活用されています。近年では、陽子線や重粒子線、ガンマナイフで照射野を絞り込む治療方法やBNCTといわれる新たな技術も進み、癌細胞だけに照射することも可能になってきました。

しかし、「照射部位への炎症」や「癌の種類によっての感受性の違い」、「治療期間が長い」といった問題点もあります。

- デメリットを補い、治療効果を高める -

 

副作用や薬剤耐性などは西洋医学の壁と言われ、今も大きな課題とされています。これらの問題点を補うことができれば、間違いなく治療成績は大きく向上します。

未だ、副作用や薬剤耐性を防ぐ薬はありません。選択肢の一つとして知ってほしいのが統合医療という考え方です。

西洋医学と代替医療を組み合わせ、お互いの弱点を相互補完することで問題点を補うことができます。九州大学では、西洋医学の治療をサポートする成分について研究が続けられております。その成分とは低分子化フコイダンです。

低分子化フコイダンには、免疫力増強・新生血管抑制・アポトーシス誘導・薬剤耐性抑制といった効果があることが明らかとなっています。この低分子化フコイダンを取り入れることで、癌細胞を大人しい状態に安定化させる事ができます。低分子化フコイダンの力で癌細胞を大人しくさせている間に、抗癌剤などの治療を行う事で高い治療効果を得られます。治療効果が高まることで、自然と副作用も少なくなります。

低分子化フコイダンを取り入れている癌患者さんの中には、「風邪薬の感覚で抗癌剤を服用している。」という方もいらっしゃいます。副作用がなければ、抗癌剤治療は全く怖くありません。高い効果が出ることで、癌を消してくれる魔法の薬にもなり得るのです。

がん治療・統合医療に関するご相談

お電話が繋がらない場合は、氏名・ご連絡先・お問い合わせ内容をご入力の上info@togoiryou.comまでメール送信下さい。

資料もご用意しております。

フコイダン療法についての無料レポートをご用意しております。お電話または資料請求フォームよりご請求下さい。

がん治療・統合医療に関するご相談

お電話が繋がらない場合は、氏名・ご連絡先・お問い合わせ内容をご入力の上info@togoiryou.comまでメール送信下さい。

資料もご用意しております。

フコイダン療法についての無料レポートをご用意しております。お電話または資料請求フォームよりご請求下さい。