治療中と治療後の運動療法

がん治療中の運動の効果について多くの研究が行われていますが、これらの臨床試験は症例数が少ないなどの理由で十分な結論を出すに至っていません。これまでの研究からは、がん治療中の運動は安全で実施可能であり、さらに体調やQOLを高める効果が示唆されています。

運動をいつ始めるか、どのように続けるかは、病状や体調、運動に対する個人的な好き嫌いもあり、ケースバイケースです。筋力を高めるトレーニングは、がん治療を受けている患者に急激に起こって来る筋肉や骨量の低下を防ぐのに役立つ可能性が指摘されています。ストレッチングやゆっくりとした歩行から始め、少しずつ運動量を増やしていけるように慣らしていくことが大切です。

病状や治療の状況によって、安静が強いられる場合は、運動量の減少によって筋肉の量が減少します。この場合は、筋力や関節の可動性が低下しないように、状況に合ったリハビリを行うと倦怠感やうつ症状の発生を防ぐことができます。

 

運動療法

1)治療中

抗がん剤治療は放射線治療を行っている多くの人が、疲労感や運動能力の低下に悩まされています。このような状態はがん関連倦怠感とよばれ「運動療法」が重要であることが、わかってきました。運動を行うことで身体機能が高まり、動いてもエネルギーをそれほど消費しなくなり疲れなくなります。またすっきりした気分になりストレスも軽減されQOLが向上します。

運動療法は治療中に開始するとより効果が高いといわれます。ウォーキングやエアロバイクなどの有酸素運動で20分~30分間の運動を週3日~5日行うのが理想的です。
軽い筋力トレーニングやストレッチも機能を維持するために有効です。

 

2)治療後

治療が終了した人のなかにも持久力や体力の低下を実感されている人も多くいます。
治療による体力の消耗からの回復や再発を予防するために健康的な食事や運動を行うことが重要と考えられています。

 

がん治療・統合医療に関するご相談

お電話が繋がらない場合は、氏名・ご連絡先・お問い合わせ内容をご入力の上info@togoiryou.comまでメール送信下さい。

資料もご用意しております。

フコイダン療法についての無料レポートをご用意しております。お電話または資料請求フォームよりご請求下さい。

がん治療・統合医療に関するご相談

お電話が繋がらない場合は、氏名・ご連絡先・お問い合わせ内容をご入力の上info@togoiryou.comまでメール送信下さい。

資料もご用意しております。

フコイダン療法についての無料レポートをご用意しております。お電話または資料請求フォームよりご請求下さい。