食事療法×がん治療

「がん」という病気を宣告された時、家族が「がん」になってしまった時、どのような行動を起こすでしょう?

まずは、それぞれの「がん」についての知識を得るため、インターネットや書籍、病院に設置されている冊子に目を通す方が多くいらっしゃいます。そして、次に取り組むのが生活習慣の改善と言われています。

がん治療が始まる前・がん治療中・再発予防として何か出来ることはないのか・・・と考え、すぐに始められるのが食事の改善です。

病気を治すための食事の改善=食事療法と呼ばれています。これを行うことにより、体の状態が改善され、さらに病気を治すことにもプラスに働けば食事療法も良い試みだといえます。しかし、過度な食事療法を行うことで、QOL(生活の質)を低下させ、さらにはがんの進行に繋がる可能性もあります。

正しい食事療法と西洋医学のがん治療を正しく組み合わせなければ、食事療法もがん治療の妨げの一つになってしまうのです。

 

“食事療法の注意点”

前述しましたが、食事療法を正しく行うと体の状態が改善し、QOLの向上に繋がります。しかし、間違えた食事療法を行うことでマイナスに働き、「気付いた時には取り返しのつかない状態になっていた」という患者さんも少なくありません。

一般的な食事療法の種類

  1. 特定の食べ物(にんにく・にんじん等)を積極的に摂取する
  2. 糖分は控える
  3. 動物性たんぱく質や(四足歩行動物)脂肪を控える
  4. 白い食べ物は食べない(白米は玄米へ等)
  5. 無農薬の野菜・果物を摂る

これらの方法は、決して悪いとはいえません。がん治療中に食べると良いと言われる食べ物は、体に良い食品でもあります。しかし、特定の食品を大量に摂取することで満腹になってしまい、他の食事に影響が出てしまっては全く意味がありません

糖分や肉などを控えて野菜中心にすることも大切ではありますが、一切絶ってしまうという事は逆効果でもあります。がんが体内で生きていく上で、糖分を必要とするのは事実です。しかし、人間が生きていく上でも糖分はとても大切な栄養素です。また、がん治療中はタンパク質が不足してしまいがちなので、タンパク質を豊富に含む肉類は、貴重な栄養源の一つとなります。

同じ食材でも、調理方法や味付けを変えることで飽きずに続けられます。食事療法を実践するにおいて、ストレスなく継続できる事が重要なポイントとなります。毎日、同じものを摂り続けている事でストレスになってしまい、食欲の低下に繋がります。食欲が落ちてしまうと、体に入ってくる栄養素が減り、活動するためのエネルギーが不足しQOLが大幅に低下してしまいます。

体力・免疫力が落ちてしまったり、栄養が偏ることで抗癌剤などの治療の継続が不可能になる場合もあります。

 

“がん治療中に有効な食事療法”

食事療法を正しく行うことで、QOL改善に一役かってくれます。がん治療中はQOL低下で悩まされる患者さんも多く、治療中にQOLを落とさない事が大きな課題となっています。その一つの手段として、食事療法が挙げられます。

例えば、調理方法を「揚げる」から「焼く・煮る」に変えるだけでも、体内で消化にかかる負担は軽減できます。健康な人でも、油分の多い食事を摂ると胃もたれを起こしてしまいますよね。がん治療中の場合は、通常よりも免疫力や機能が落ちてしまっている事があるので、できる限り消化の良い食べ物を摂るように心がけると良いでしょう。

食事療法において、多くの方が一つ一つの食材の見直しを行います。それも大切かもしれませんが、食材よりもまずは調理方法を見直し、減油・減塩していく事から始めてみてはいかがでしょうか。

 

毎日の食事を楽しみ、体重を維持する事ができれば、その食事療法は成功といえるでしょう。食事療法を上手に取り入れる事で、自己の免疫力も高まります。その結果、抗癌剤による副作用に負けない体内環境を作る事ができるのです。正しい食事療法と西洋医学の治療を併せた統合医療で、何もしない時に比べて治療効果は向上すると考えられています。

食事療法に関しては現在、多くの書籍が発刊されています。残念ながら、それらの書籍の内容が全て正しいとは言い難い部分があります。冷静な判断力を持ち、QOLを改善するための食事療法に取り組んでください。

がん治療・統合医療に関するご相談

お電話が繋がらない場合は、氏名・ご連絡先・お問い合わせ内容をご入力の上info@togoiryou.comまでメール送信下さい。

資料もご用意しております。

フコイダン療法についての無料レポートをご用意しております。お電話または資料請求フォームよりご請求下さい。

がん治療・統合医療に関するご相談

お電話が繋がらない場合は、氏名・ご連絡先・お問い合わせ内容をご入力の上info@togoiryou.comまでメール送信下さい。

資料もご用意しております。

フコイダン療法についての無料レポートをご用意しております。お電話または資料請求フォームよりご請求下さい。