ダカルバジン

■一般名

ダカルバジン

■抗がん剤の種類

アルキル化剤

■商品名

ダカルバジン

■製造・販売会社

協和発酵キリン

■投与方法

点滴静注、静脈内注射

■適用となるがん

メラノーマ(悪性黒色腫)、ホジキン病(悪性リンパ腫)、軟部肉腫、神経芽腫、網膜芽腫、甲状腺がん

■作用

生体内代謝で生じるジアゾメタンを介して、アルキル化作用により抗腫瘍効果を発現するアルキル化剤と呼ばれる抗がん剤です。

■副作用

肝臓 AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、ALP上昇、LDH上昇、総ビリルビン上昇、血清総蛋白減少
腎臓 BUN上昇、蛋白尿
消化器 嘔吐、吐き気、食欲不振、下痢、胃痛
精神神経系 ふらつき、口腔内しびれ感、顔面感覚異常
皮膚 脱毛、紅斑性発疹、蕁麻疹、光線過敏症
注射部位 血管痛、静脈炎
循環器 高血圧、低血圧
その他 倦怠感、潮紅、頭痛、発熱、筋肉痛、インフルエンザ様症状
重大な副作用 骨髄抑制、重篤な肝臓機能障害、重篤な腎臓機能障害、感染症、出血傾向、アナフィラキシーショック

副作用はなぜ起きるのか? がんと統合医療

抗がん剤一覧へ戻る

お問い合わせ先

NPO法人日本統合医療推奨協会では、フコイダン療法やがん統合医療についての無料相談窓口を設置しております。
臨床に基づいた飲用方法、がん治療についてのお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。

お電話が繋がらない場合は、氏名・ご連絡先・お問い合わせ内容をご入力の上info@togoiryou.comまでメール送信下さい。

資料もご用意しております。

フコイダン療法についての無料レポートをご用意しております。お電話または資料請求フォームよりご請求下さい。