クリゾチニブ(ザーコリ)

■抗がん剤の種類

分子標的薬(チロシンキナーゼ阻害薬)

■商品名

ザーコリ

■製造・販売会社

ファイザー

■投与方法

経口投与

■適用となるがん

ALK 融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん

■作用

未分化リンパ腫キナーゼを阻害する化合物です。ALK 融合蛋白質のチロシンキナーゼ活性を阻害することにより、腫瘍細胞の成長と生存に必要な細胞内シグナル伝達経路を遮断する世界初の経口の分子標的薬です。

■副作用

視覚障害
神経系 味覚異常、浮動性めまい、ニューロパチー(末梢神経障害)、頭痛
代謝 食欲減退、脱水
心血管系 血栓塞栓症
呼吸器
皮膚 発疹、紅班、そう痒症、光線過敏症
消化器 悪心、下痢、嘔吐、便秘、腹痛、食道障害、消化不良
その他 浮腫、疲労
重大な副作用 間質性肺炎、劇症肝炎、肝不全、肝機能障害、血液障害、QT間隔延長、(重篤な不整脈)、除脈(低血圧、失神、めまい)

副作用はなぜ起きるのか? がんと統合医療

抗がん剤一覧へ戻る

お問い合わせ先

NPO法人日本統合医療推奨協会では、フコイダン療法やがん統合医療についての無料相談窓口を設置しております。
臨床に基づいた飲用方法、がん治療についてのお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。

お電話が繋がらない場合は、氏名・ご連絡先・お問い合わせ内容をご入力の上info@togoiryou.comまでメール送信下さい。

資料もご用意しております。

フコイダン療法についての無料レポートをご用意しております。お電話または資料請求フォームよりご請求下さい。