ニボルマブ(オプジーボ)

■抗がん剤の種類

分子標的薬(ヒト型抗PD-1モノクローナル抗体)

■商品名

オプジーボ

■製造・販売会社

小野薬品工業

■投与方法

点滴静注

■適用となるがん

根治切除不能な悪性黒色腫
2015年4月に切除不能・再発の非小細胞肺がんに対する効能追加承認申請中

■作用

活性化T細胞に発現するチェックポイント受容体のPD-1に結合するヒト型PD-1免疫チェックポイント阻害剤で、がん細胞が免疫系から腫瘍を守る制御経路を阻害することにより、がん抗原特異的なT細胞の増殖、活性化および細胞傷害活性の増強等により腫瘍増殖を抑制すると考えられています。2014年7月に承認された新規メカニズムの抗体製剤です。

■副作用

血液・リンパ リンパ球減少症、白血球減少症、好中球減少症、貧血
心臓 徐脈、心室性期外収縮
内分泌 下垂体炎
ブドウ膜炎、視力低下
胃腸 下痢、便秘、口内乾燥、悪心、口内炎、腹痛、嘔吐、大腸炎
全身 疲労、倦怠感、末梢性浮腫、疼痛、発熱、口渇
感染症 蜂巣炎、細菌性肺炎、歯周炎
代謝・栄養 高カリウム血症、低カリウム血症、高尿酸血症、食欲減退、糖尿病、脱水、低リン酸血症、低カルシウム血症、高血糖
筋・骨格 四肢痛、関節痛、関節硬直、関節炎
神経系 味覚異常、末梢性ニューロパチー、浮動性めまい
腎・尿路 腎不全、尿細管間質性腎炎、蛋白尿
呼吸器 しゃっくり、咽頭痛、口腔咽頭痛、咳、呼吸困難、後鼻漏
皮膚 白斑、そう痒、皮膚色素減少、脱毛症、湿疹、皮脂欠乏性湿疹、発疹、蕁麻疹、皮膚乾燥
臨床検査 血中CK増加、血中LDH増加、CRP増加、好酸球増加、血中アルブミン減少、血中クロール減少、血中クレアチニン増加、血中ブドウ糖増加、血中ナトリウム減少、ヘマトクリット減少、ヘモグロビン減少、単球数増加、好中球数増加、血小板減少、赤血球数減少、白血球数減少、リウマチ因子陽性
重大な副作用 間質性肺疾患、肝機能障害、肝炎、甲状腺機能障害、インフュージョンリアクション

副作用はなぜ起きるのか? がんと統合医療

抗がん剤一覧へ戻る

お問い合わせ先

NPO法人日本統合医療推奨協会では、フコイダン療法やがん統合医療についての無料相談窓口を設置しております。
臨床に基づいた飲用方法、がん治療についてのお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。

お電話が繋がらない場合は、氏名・ご連絡先・お問い合わせ内容をご入力の上info@togoiryou.comまでメール送信下さい。

資料もご用意しております。

フコイダン療法についての無料レポートをご用意しております。お電話または資料請求フォームよりご請求下さい。