スニチニブ(スーテント)

■一般名

スニチニブ

■抗がん剤の種類

分子標的薬(マルチキナーゼ阻害薬)

■商品名

スーテント

■製造・販売会社

ファイザー

■投与方法

経口投与

■適用となるがん

イマチニブ抵抗性の消化管間質腫瘍(GIST)、根治切除不能又は転移性の腎細胞がん

■作用

複数のタンパク質リン酸化酵素を阻害することにより、腫瘍への血液供給を阻害し、腫瘍の増殖を抑える経口の分子標的薬です。

■副作用

感染症 上気道炎、ウイルス感染、麦粒腫、爪囲炎、肺炎、尿路感染
血液 リンパ球数減少、好酸球数増加、単球数減少
内分泌 甲状腺炎
代謝 食欲不振、リパーゼ増加、低アルブミン血症、高アミラーゼ血症、低カルシウム血症、脱水、高尿酸血症
精神系 不眠症、うつ気分、不安
神経系 味覚異常、頭痛、めまい、味覚消失、ニューロパシー、回転性めまい
結膜炎、流涙増加、霧視、視覚障害
耳鳴
心血管系 動悸、心房細動、上室性不整脈、除脈、心筋症、頻脈、ほてり、心筋梗塞
呼吸器 発声障害、鼻炎、咳、胸水、呼吸困難、しゃっくり
消化器 下痢、口内炎、悪心、歯肉炎、嘔吐、腹痛、消化不良、肛門直腸障害、便秘、逆流性食道炎
肝胆道系 脂肪肝、胆嚢炎
皮膚 皮膚変色、手足症候群、発疹、顔面浮腫、脱毛症、そう痒、皮膚乾燥、紅斑、皮膚炎、爪の異常、蕁麻疹
筋骨格系 筋骨格痛、筋痛、関節痛、筋硬直、筋力低下、骨痛、関節炎
腎臓 血中クレアチニン増加、蛋白尿、尿酸窒素増加、血尿、排尿困難
その他 疲労、LDH増加、浮腫、発熱、ALP増加、倦怠感、熱感
重大な副作用 骨髄抑制、感染症、高血圧、出血、消化管穿孔、QT間隔延長、心室不整脈、心不全、左室駆出率低下、肺塞栓症、深部静脈血栓症、血栓性微小血管症、一過性脳虚血発作、脳梗塞、播種性血管内凝固症候群、てんかん様発作、可逆性後白質脳障害、急性膵炎、甲状腺機能障害、肝不全、肝機能障害、黄疸、間質性肺炎、急性腎不全、ネフローゼ症候群、横紋筋融解症、副腎機能障害、腫瘍崩壊症候群、皮膚粘膜眼症候群、多型紅斑

副作用はなぜ起きるのか? がんと統合医療

抗がん剤一覧へ戻る

お問い合わせ先

NPO法人日本統合医療推奨協会では、フコイダン療法やがん統合医療についての無料相談窓口を設置しております。
臨床に基づいた飲用方法、がん治療についてのお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。

お電話が繋がらない場合は、氏名・ご連絡先・お問い合わせ内容をご入力の上info@togoiryou.comまでメール送信下さい。

資料もご用意しております。

フコイダン療法についての無料レポートをご用意しております。お電話または資料請求フォームよりご請求下さい。