CMF療法

■化学療法名

CMF療法

■読み

シーエムエフ療法

■適用となるがん

乳がん

■使用する薬剤名

シクロホスファミド(アルキル化剤) C-cyclophosphamide
メトトレキサート(代謝拮抗剤)   M-methotrexate
フルオロウラシル(代謝拮抗剤)   F-fluorouracil

3つの抗がん剤を組み合わせて行う化学療法の名前で、シクロホスファミド(エンドキサン)メトトレキサート(メトトレキセート)フルオロウラシル(5-FU)の名前の頭文字を取ってこの名前がついています。

■治療間隔

4週間隔で6クール

■副作用

シクロホスファミド 白血球減少、出血性膀胱炎、脱毛、悪心、嘔吐
メトトレキサート 肝障害、腎障害、口内炎
フルオロウラシル 下痢、悪心、嘔吐、白血球減少、肝障害、色素沈着

副作用はなぜ起きるのか? がんと統合医療

抗がん剤一覧へ戻る

お問い合わせ先

NPO法人日本統合医療推奨協会では、フコイダン療法やがん統合医療についての無料相談窓口を設置しております。
臨床に基づいた飲用方法、がん治療についてのお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。

お電話が繋がらない場合は、氏名・ご連絡先・お問い合わせ内容をご入力の上info@togoiryou.comまでメール送信下さい。

資料もご用意しております。

フコイダン療法についての無料レポートをご用意しております。お電話または資料請求フォームよりご請求下さい。