エルロチニブ(タルセバ)

■抗がん剤の種類

分子標的薬(上皮成長因子受容体(EGFR)チロシンキナーゼ阻害薬)

■商品名

タルセバ

■製造・販売会社

中外製薬

■投与方法

経口投与

■適用となるがん

切除不能な再発・進行性で、化学療法施術後に増悪したEGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺がん、治癒切除不能な膵臓がん(ゲムシタビンと併用)

■作用

チロシンキナーゼ阻害薬(EGFR-TKI)の一種です。チロシンキナーゼ活性を阻害することにより、がん細胞の増殖を促す情報伝達系の流れを遮断し抗腫瘍効果を発揮する経口の分子標的薬です。

■副作用

皮膚 発疹、皮膚乾燥、爪の障害、色素沈着、光線過敏症
結膜炎、角膜炎
肝臓 ALT(GPT)上昇、AST(GOT)上昇、ビリルビン上昇
腎臓 尿潜血陽性、クレアチニン上昇
血液 白血球増加、ヘモグロビン減少、リンパ球減少、好中球増加
消化器 下痢、口内炎、食欲不振、悪心、腹痛、嘔吐、便秘
呼吸器 咳、鼻出血、呼吸困難
精神神経系 不眠症、頭痛、味覚異常
その他 疲労、CRP上昇
重大な副作用 間質性肺炎、肝炎、肝不全、肝機能障害、重度の下痢
皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮懐死症、消化管穿孔、角膜穿孔

副作用はなぜ起きるのか? がんと統合医療

抗がん剤一覧へ戻る

お問い合わせ先

NPO法人日本統合医療推奨協会では、フコイダン療法やがん統合医療についての無料相談窓口を設置しております。
臨床に基づいた飲用方法、がん治療についてのお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。

お電話が繋がらない場合は、氏名・ご連絡先・お問い合わせ内容をご入力の上info@togoiryou.comまでメール送信下さい。

資料もご用意しております。

フコイダン療法についての無料レポートをご用意しております。お電話または資料請求フォームよりご請求下さい。