乳がんを治すために
乳がんを治すために

乳がんを治すために乳がんの発生には、女性ホルモンであるエストロゲンが深く関与しています。乳がん治療は、ホルモン感受性やサブタイプ分類によって治療方法が異なります。乳がんの治療では、手術・放射線療法・薬物療法(ホルモン・抗癌剤)が推奨されます。

西洋医学の治療では、辛い副作用や合併症を起こす可能性もあるので、なかなか治療に踏み切れない人も多くいらっしゃいます。しかし、現状では西洋医学に勝る乳がんを治す方法はありません。

副作用を最小限に抑え、西洋医学の治療効果を最大限発揮させることにより、QOLを保つことができます。その1つの有効手段をご紹介いたします。

諦めない乳がん治療

諦めない乳がん治療乳がんのステージ、転移、適応となる治療など、ご自身の現状を把握できていますか?乳がんの進行度が高ければ高いほど、生存率や予後不良となっていきます。乳がんを治すためには、今の状況を把握し、何が出来るのかを見つけ出すことが大切です。

現段階の乳がん治療では、西洋医学に勝る方法はありません。しかし、西洋医学だけでは治療による副作用や薬剤耐性の問題があり、治療を続けたくても中断しなければならない現状も出てきてしまいます。

 

乳がん治療を効率良く行うための低分子フコイダン

乳がん治療を効率良く行うための低分子フコイダン九州大学で研究される低分子化フコイダンを使用した乳がん治療が、高い成果を発揮することが明らかとなっています。低分子化フコイダン研究の第一人者である九州大学 白畑教授の研究については、ノーベル医学・生理学賞の選考委員会を有する事で知られるスウェーデン国の "カロリンスカ研究所" のSten Orreniius名誉教授より、「フコイダンの研究も現実的ながんの治療という観点から大変重要である」とご講評され、カロリンスカ研究所にて4度の発表を行っております。

その他にも、日本癌学会や世界癌学会等の著名な場でも発表されております。

資料請求

低分子フコイダン療法とは

乳がん治療に低分子フコイダンを補完するだけで、その治療効果には大きな差が生まれます。また、何らかの理由から乳がん治療と離れてしまった人にも低分子フコイダンが有効であるという結果が出ています。乳がん治療に低分子フコイダンを加えることが "フコイダン療法" です。

 

乳がん治療とフコイダンの併用で大きな希望を持てる

乳がん治療とフコイダンの併用で大きな希望を持てる低分子フコイダンを使った乳がん治療の中でも特にフコイダンの効果を発揮できるのが "薬物療法" との併用です。乳がんの細胞は学習能力の高い賢い細胞です。同じ抗癌剤やホルモン剤で治療を続けているうちに、癌細胞はその薬剤を覚え、身を守るために抗癌剤やホルモン剤への耐性を身に付けてしまいます。これを薬剤耐性といいます。

低分子フコイダンは、この薬剤耐性を妨げる役割を持つ事が分かってきています。薬剤耐性を妨げられれば、効果のある抗癌剤やホルモン剤を長く使うことができるので、治療成績も大幅に向上します。

低分子フコイダンの作用を利用し、西洋医学の治療効果を存分に発揮することができれば、乳がんを治すことも夢ではありません。また、低分子フコイダンと乳がん治療を併用することで、間接的に薬剤による副作用を抑える効果も期待できます。低分子フコイダン療法を取り入れれば、QOLの高い状態で乳がん治療を行うことができるのです。

乳がん末期であっても諦める必要はない

乳がん末期であっても諦める必要はない「副作用の影響で、乳がんの治療が中断してしまった。」「治療の手立てが無くなってしまった。」という方も、決して希望を捨ててはいけません。低分子フコイダンには、"細胞の遺伝子を安定化させる作用" についての研究が現在も続けられています。乳がん細胞の遺伝子が安定化すれば、それ以上の増殖を防ぐことができます。

また、乳がんの転移を防ぐ効果も大きく期待できるようになります。乳がん細胞を安定化させることにより、癌が増殖する時間を稼ぐことができるので、その間に抱えている問題を改善し、西洋医学の治療に戻ることも夢ではありません。

資料請求

フコイダンで乳がん治療

フコイダンで乳がん治療悪性腫瘍である乳がんは、どんどん遺伝子変化を続け、浸潤し、リンパ節や他臓器へ転移します。乳がん細胞の遺伝子変化を止めることができれば、乳がんのこれらの進行を遅らせることもできるのです。この乳がん細胞の遺伝子安定化の役割を担うのが、低分子フコイダンです。

乳がん細胞が体内にある時に、低分子フコイダンを飲用することで、癌細胞が大人しくなり、転移や浸潤といった遺伝子変化に伴う弊害を阻害することができます。その間に、西洋医学の治療である抗癌剤やホルモン療法を行い、弱まっている癌細胞を叩くことで乳がん細胞を死滅させる確率も大きくなります。もちろん、乳がんの治療を行っていない場合であっても、低分子フコイダン単独の使用で延命効果に優位性があると言われています。また、低分子フコイダンを飲用することで免疫力向上も見込めます。

低分子フコイダンを乳がん治療に加えることにより、治療効果を高める方法こそが「フコイダン・ダッシュ療法」です。低分子フコイダンは、単独使用で腫瘍がなくなるといった抗癌サプリと異なり、乳がん等の様々な癌の症例を医師臨床により蓄積し、科学的な検証を基盤としています。

九州大学白畑教授の研究する低分子フコイダンを乳がん治療と併用することにより、西洋医学との大きな相乗効果を発揮することでしょう。

お問い合わせ先

NPO法人日本統合医療推奨協会では、フコイダン療法やがん統合医療についての無料相談窓口を設置しております。
臨床に基づいた飲用方法、がん治療についてのお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。

お電話が繋がらない場合は、氏名・ご連絡先・お問い合わせ内容をご入力の上info@togoiryou.comまでメール送信下さい。

資料もご用意しております。

フコイダン療法についての無料レポートをご用意しております。お電話または資料請求フォームよりご請求下さい。