ドセタキセルの効果と副作用について
ドセタキセルの効果と副作用について
ドセタキセル商品名:タキソテール
は、
パクリタキセル商品名:タキソール
と同じ作用機序を持った抗がん剤です。
このページでは、ドセタキセルの作用と副作用、副作用の出現時期などを解説しております。

■抗がん剤の種類

植物アルカロイド

■一般名

ドセタキセル

■商品名

タキソテール

■製造・販売会社

サノフィ・アベンティス

■投与方法

点滴静注

ドセタキセル

ドセタキセルの作用

ドセタキセル商品名:タキソテール
は、ヨーロッパイチイの針葉から取り出した成分から合成した植物アルカロイドと呼ばれる抗癌剤です。細胞が分裂する際に必要な細胞構成成分である微小管というたんぱく質が作られる段階を阻害する働きがあります。その結果、がん細胞の増殖が阻止され、やがて死滅します。

ドセタキセルの治療で予測される主な副作用

ドセタキセル商品名:タキソテール
の主な副作用として、吐き気や嘔吐、下痢などの消化器症状や脱毛、発疹などが挙げられます。また、特徴的な副作用として浮腫み(むくみ)があります。

ドセタキセルの副作用の出現時期については、下図をご参照ください。

ドセタキセルの治療で予測される主な副作用

お問い合わせ先

NPO法人日本統合医療推奨協会では、フコイダン療法やがん統合医療についての無料相談窓口を設置しております。
臨床に基づいた飲用方法、がん治療についてのお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。

お電話が繋がらない場合は、氏名・ご連絡先・お問い合わせ内容をご入力の上info@togoiryou.comまでメール送信下さい。

資料もご用意しております。

フコイダン療法についての無料レポートをご用意しております。お電話または資料請求フォームよりご請求下さい。