パクリタキセルの効果と副作用
パクリタキセルの効果と副作用について
パクリタキセル商品名:タキソール
は、植物成分を応用して作られた植物アルカロイドの抗癌剤です。
このページでは、パクリタキセルの作用や副作用、副作用の出現時期などを解説しております。

■抗がん剤の種類

植物アルカロイド

■一般名

パクリタキセル

■商品名

タキソール

■製造・販売会社

ファイザー

■投与方法

点滴静注

パクリタキセル

パクリタキセルが適用となる癌

●卵巣がん

●乳がん

●子宮体がん

●血管肉腫

●再発または難治性の胚細胞腫瘍

●非小細胞肺がん

●胃がん

●再発または遠隔転移を有する食道がん

●進行または再発の子宮頸がん

パクリタキセルの作用

パクリタキセル商品名:タキソール
は太平洋イチイの樹皮からとり出した成分で作られた抗癌剤です。細胞の分裂に必要な微小管とよばれるたんぱく質がつくられる段階を途中で止める働きがあります。
呼吸困難や発疹などのアレルギー症状が現れることがあり、投与前にはアレルギー反応を防ぐための前処置としてステロイド剤や抗ヒスタミン剤が投与されます。アレルギー症状は点滴開始後、ほとんど30分以内に発生し、初回に限らず2回目以降の点滴でも症状が現れることもあります。

2010年7月には、パクリタキセルを改良した薬剤であるアブラキサンも登場しております。

パクリタキセルの治療で予測される主な副作用

パクリタキセル商品名:タキソール
には、発熱・骨髄抑制・関節の痛み・吐き気・脱毛などの副作用が報告されています。特に脱毛は比較的起こりやすい副作用です。また、末梢神経障害や、まれにうっ血性心不全や聴力障害も起こる場合があるので注意が必要です。

パクリタキセルの治療で予測される主な副作用

お問い合わせ先

NPO法人日本統合医療推奨協会では、フコイダン療法やがん統合医療についての無料相談窓口を設置しております。
臨床に基づいた飲用方法、がん治療についてのお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。

お電話が繋がらない場合は、氏名・ご連絡先・お問い合わせ内容をご入力の上info@togoiryou.comまでメール送信下さい。

資料もご用意しております。

フコイダン療法についての無料レポートをご用意しております。お電話または資料請求フォームよりご請求下さい。